このサイトはJavaScriptが必要です

山三電機株式会社

経営理念

常に努力、常に前進、常に反省 健全性を重視した堅実経営に徹しながら、時代を先取りしていきます。

山三電機という社名は、創業者の名前に由来するとともに、 当社の社訓である「三つの常」すなわち「常に努力、常に前進、 常に反省」を表して・「ます。 「日々努力する。そうすれば、必ず前進がある。そして途中で振り 返り、反省を行う」 この三つを一、二、三と繰り返して積み上げていくことによって 強固な土台が生まれ、崩れることのない山が出来上がります。 そうやって堅実な努力で、強い「山三」を築き上げ 私たち山三電機はその土台をベースとして、謙虚な姿勢でお客 様第一のサービスを提供しております。

当社は、昭和41年の創業以来、「企業は社会の公器である」 との考えのもと、「お客様第一」の精神で、常に時代を先取りし 果敢に挑戦し続ける『チャレンジング・カンパニー』として、 お客様のニーズに着実に応えるサービスに取り組んで参りました。
社名の由来であり、社訓でもある「三つの常」を軸にして、 「常に努力、常に前進、常に反省」を繰り返しながら、 健全性を重視した堅実経営に徹し、当社はまもなく半世紀を 迎えようとしています。
これも偏にお客様をはじめ、関係者皆様のご指導ご支援の賜であり、 また社員各位の協力のお蔭であると、感謝申し上げる次第です。 これからも創業の精神である
 一、お客様の立場に立った仕事をする
 一、社員の生活を守る
 一、健全性を重視した経営をしていく
この三つを原点に、社会的責務をより一層自覚し、お客様の信頼に 応えられる企業として、地道に、そして謙虚に努力して参る所存です。 どうか皆様のさらなるご指導、ご鞭撻を賜りますよう、 よろしくお願い申し上げます。

経営理念

私たち山三電機は
一、常に時代のニーズを先取りし、果敢に挑戦する企業であり続けます。
一、常に危機感を持ち、現状に満足する事無く、改善・改革を続けます。
一、常に柔軟な発想で業務に取り組み、成し遂げる喜びを互いに分かち合える企業であり続けます。
一、常に切磋琢磨し気力・体力・精神力の勝る人財を作り社会に貢献し続けます。

このページの先頭に戻る